農林水産省ホームページ
このページの本文へ移動

農林水産省

こよみを知る

くらしのこよみ

カナカナカナというヒグラシの鳴き声はどこかもの悲しく、夏の終わりを告げるかのようです。が、この蟬(せみ)、実際には夏のあいだずっと鳴いているのだとか。よく鳴くのは日の出前や日没後の薄暮の時間帯ですが、薄暗いところや気温が急に下がったときは日中でも鳴くといいます。やはり秋の訪れを察し、ゆく夏を惜しんでいるのでしょうか。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す