このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ジビエ利用拡大コーナー

ジビエとは

食材となる野生鳥獣肉のことをフランス語でジビエ(gibier)といいます。現在我が国では、シカやイノシシによる農作物被害が大きな問題となっており、捕獲が進められるとともに、ジビエとしての利用も全国的に広まっています。「害獣」とされてきた野生動物が、食文化をより豊かにしてくれる味わい深い食材、あるいは山間部を活性化させてくれる地域資源とみなされるようになっています。

ジビエ利用の推進について

野生鳥獣のジビエ利用推進について(PDF : 3,944KB)

新着情報

広報のお知らせ

1月は狩猟期であり、ジビエがレストラン等でもたくさん提供されることから、農林水産省の広報誌「aff(あふ)」1月号にジビエ特集記事を掲載しています。また、政府広報でもジビエ利用についてインターネットテレビ、BSテレビ番組、FMラジオ番組で紹介しますので、ぜひご覧になってください。

「第2回ジビエ料理コンテスト」の開催について

農林水産省は、昨年度からジビエの普及啓発の一環としてジビエ料理コンテストを実施しています。全国から応募があったレシピの中から、優秀であったもの50点をクックパッドの「農林水産省のキッチン」(公式)(外部リンク)で紹介します。なお、第2回の表彰式は、2月15日(木曜日)に東京都国立市で開催予定です。

 

 




ペットフード及び飼料について

 
 

(厚生労働省)




 
 

広報

出荷制限
(PDF : 221KB)
   

 

 

お問合せ先

農村振興局農村政策部農村環境課鳥獣対策室

代表:03-3502-8111(内線5502)
ダイヤルイン:03-6744-7176
FAX番号:03-3502-7587

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader