このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

プレスリリース

「硫黄山噴火に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」の設置及び開催について

  • 印刷
平成30年5月14日
農林水産省
農林水産省は、農林水産大臣を本部長とする「硫黄山噴火に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、5月1516日(曜日)に農林水産省第1特別会議室で開催します。
会議は非公開です。ただし、冒頭のカメラ撮影は可能です。

1.概要

250年ぶりの硫黄山の噴火に伴い、宮崎県及び鹿児島県における約1,000ヘクタールに及ぶ水田の稲作等に大きな影響を及ぼしていることから、農林水産省では、農林水産大臣を本部長とする「硫黄山噴火に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、会議を開催します。

2.日時及び場所

日時:平成30年5月1516日(曜日)16172000
会場:農林水産省 3階 第1特別会議室(ドア番号本335)
所在地:東京都千代田区霞が関1-2-1

3.議題

(1)硫黄山噴火に伴う影響について
(2)礒崎副大臣の現地調査の報告
(3)その他

お問合せ先

大臣官房文書課災害総合対策室

担当者:登り、古澤
代表:03-3502-8111(内線5133)
ダイヤルイン:03-6744-2142
FAX番号:03-6744-7158